123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-02-03 (Thu)


かわいい パル。



 ウチの家族に なってから どのくらい 経ったんだろ。。



 あたしが 22・23歳のときに 連れて帰ってきたんだよねぇ。



 話は 変わるけど。



 ウチは あたしが 産まれて小さいころには すでに 犬一家。



 犬が 居なかった時が ないのだ。 



 雑種から 血統省から、 



 赤ちゃんが 産まれちゃったりして 多い時は 同時 3匹飼ってたことも。 



♪



 大きい雑種の子が 1匹居て、



 父が 「犬は この子で最後。」と 決めていたんだけど



 母と あたしが 「どうしても パグ犬が欲しい」と。



 大っっっ反対する父を よそに 父の仕事中に パグを買いに行ったわけ。



 田舎の 犬問屋まで 車を走らせて・・。



 そこで 出会ったのが。



 「パル」。 (名付け親は 母。)   ♂。



 この子だょ。



 うーん。 この辺は パルが若いころの 写真。(笑



 若かったよねぇ。



 母は 重い物が持てなかったり・・  ちと 体の不自由なとこがあるから 


 
 パルの お世話は もっぱら あたしが。


 
 と、言っても。



 一度迎えた子は もぅ家族の一員。



 母も、もちろん 父も 一生懸命 可愛がっていましたとも♪





 毎年恒例の 去年の実家のバーベキューの時も まだまだ 元気だったのに。



 急に 冬から・・。



 悪性リンパ腫になってしまった パル。



 主に 顔にできちゃって また高齢らしく 手術もできず・・。



 人間と同じなのね、抗がん剤治療を。



 両親も 「ガンに効く」っていう温泉水買って パルに飲ませてあげたり。



 ガリガリな体で あばらが 湯たんぽのようでも 食欲旺盛で 一生懸命がんばって 



 獣医さんにも 誰からも ビックリされるほど 回復の兆しが 見えてたのに・・。



 一緒に 年も 越せたのにな。




 パルが 急に ご飯食べなくなってしまったと 聞いた、4・5日前・・。




 旦那が 「後悔しないように・・。 実家帰って パル見て来なょ。」って 言ってくれた。



すっごく かわいかった~~!



 2月1日。



 朝から 八王子出て 実家へ 車飛ばす。



 実家に着いた時。 母は買い物に 出てしまってて 誰も居なくて



 静~~かで 陽が たくさん入って明るくて 暖かい部屋の リビングで、



 座布団とか タオルが敷きつまってる箱の中に パルが居て。



 「パ~ル~~~」って 声かけても 無反応???  目も無反応。。



 すぐ 駆け寄って 体を起こして 抱っこして



 パルの息遣いは 顔にできた ガンと、鼻の低い犬種だから 元から器官系が あまり良くなく、





 「ぶひゅー・・」  「ぐはぁー・・」





 この声を 最後に もぅ・・。




 あたしの胸の中で 息を引き取った。





 一番離れた場所に居たけど 最後は みとれることができた。。



もぅ おじいちゃんだったねぇ。。



 高校生かな、16歳のころに 母の父親、あたしの祖父か。



 亡くなったんですょ。



 その時の あたしは・・。 いや、ほんとにねー、 最悪家に寄りつかない人で 



 家出ってわけじゃなくて 遊びが中心で ほとんど 家に帰ってなかったんですょ。



 だから 入院している病院にも 見舞いにも行かず、



 「おじいちゃんが 危篤」と 言われても よく解らなかったんですよねぇ。。




 「亡くなるってこと」は 「二度と会えない」 「もぅ 居ない」ってことを 知った。。




 このときに 初めて 最大の大後悔を してしまったわけです。



お目目が くりっくり♪



 なにが どうだか 解らないけど パルの居なくなった日。 



 2月1日は。



 その おじいちゃんの命日だった。。



 

 ウチの家族になってくれて、ありがとう。  パル 64歳。  ―永眠―





スポンサーサイト
| パル | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。